学生が消費者金融を受ける場合と学生の専用のローン

身分が学生である人で消費者金融を受ける場合、一般で受ける場合に比較して、いくつかの制約があります。まずは、原則的に未成年の場合は消費者金融を受ける事ができない事です。また、成年の場合でも身分を証明するために学生証の提示が求められます。そして、当然ながら収入がないと審査を通過しないケースが多いので、アルバイトなどの収入の証明となる書類が必要となります。書類の他に、勤務地の在籍確認も行うケースがあります。融資した時の金利が安い銀行からのローンとして組むことも不可能ではないのですが、収入や諸々の証明書の審査基準が厳しくなりますので、未成年者でも可能な専用のローンの専門店でローンを受けたほうが効率的です。

学生 消費者金融のローンの仕組みとしては、ローンを受ける際に必要な書類として、学生証のみがあればローンを受けられる資格があります。さらに、身分を証明する免許証や健康保険証などを添えておくと審査が通過しやすくなります。収入に関する証明書が不必要となりますが、金利に関しては一般の消費者金融の利率とほぼ同じ数値になるので、金利を踏まえた融資を行う必要があります。審査に関してはあまり厳しくないのですが、ローンを組む際には受ける人の住所や生年月日などの個人情報を記載する必要があります。別のローンを組み方法として、奨学金を受ける方法もありまして、利息が発生しない奨学金の種類があります。金利のない奨学金も検討するべきです。

 

消費者金融で借りやすい人を大公開

私は以前、消費者金融で働いていました。その時の体験について述べてみたいと思います。消費者金融では、基本的に、他社の借入れが5件以内ほどで、借入れ残高が250万円以下の場合、支払い遅れや事故がないかぎり、たいてい借入れすることができます。しかし、その中でも、キャッシングを受けることができる人、つまり借りやすい業種を大公開しようと思います。

まず、何といっても信頼のある職業の方が、借りやすいと言えます。上場企業にお勤めの方、年収の多い方、役職に就いている方は、利用限度額も高く設定されることが多いと言えます。また、公務員の方も当てはまります。公務員なら、自衛官であっても、どんな方でも当てはまります。公務員なので、ある程度の年収がある方が多く、また、仕事も安定しているからだとも言えるでしょう。

最後に、意外に思われるかもしれませんが、専業主婦の方が当てはまります。専業主婦の方は、身内の方に内緒で借入れされている方が、ほとんどです。そのため、支払いが遅れてしまい、配偶者の会社へ連絡されるのを恐れてか、ほとんどの方が支払いをきちんとされています。

そのため、消費者金融では、信頼の高い業種として認識されており、そのため、限度額一杯の金額や希望金額を設定される方が、たくさんいらっしゃいます。このように、借りやすい人を大公開してみましたが、体験上、確実性は高いと言えると思います。

借りやすい消費者金融 | 学生、主婦OKなカードローン(キャッシング)も

 

イチオシのオリックスVIPカードローンを利用しました

一ヶ月に5回の結婚式に呼ばれました。披露宴だけでなく二次会も参加とかなりお金がかかることとなりました。一人暮らしで社会人2年目でまだまだ、そんなに貯金もできていなかったのでかなり苦しくどうしようか悩んでいました。普段の買い物は、クレジットカードで来月のボーナスの支払いで何とかしのぐことにしました。

しかし、ご祝儀だけはクレジットカードでとはいかなく現金が必要でした。そこで、カードローンにお世話になることを検討しました。友達とかにどこが良いか聞くのは恥ずかしいので口コミサイトや比較サイトを調べ、イチオシオリックスVIPカードローンと口コミでも比較サイトでもオススメにあがっていたので審査に通るか確かめてみました。

すぐに、融資が可能と返答があり、お金を借りることにしました。コンビニのATMでお金を借りて、返済もできるし、人の目を気にしないで店舗に行かなくてもお金を借りられるのはとてもありがたかったです。審査の解答も早くて驚きました。すぐにお金が借りられるのは本当にありがたかったです。さすが口コミとかでイチオシオリックスVIPカードローンと言われているだけあります。とりあえず、来月のボーナスが入ったら、しっかりと返済する計画で節約しています。

 

ヤミ金の利息が高く、カードローンで借り換えました

返済が終わった後だから話せますが、私は090金融からお金をつまんでおりました。怖いお兄さんからお金を借りた時は、身が縮む思いでした。トイチの金利が払えず、アコムさんにお願いして、限度額いっぱいまで資金を借り、まとめて返済しました。もし返せなかったらと思うと、未だに震えが止まりません。カードローンは便利なサービスですが、借金は計画的に利用しなければなりません。

【体験者の情報】
性別:男
職業:風俗店勤務
年齢:40歳
借入額:50万円
借入先(業者):アコム

借金まみれの生活

私は、長いこと借金を抱えておりました。原因は様々です。博打に手を出し、お酒や愛人にもどっぷり浸かりました。俗に言う「飲む、打つ、買う」をひと通り嗜んだ結果、この有り様になりました。正に自業自得ですが、個人的には、好き勝手やるのも人生だと思います。

その結果、妻には逃げられ、会社はクビになり、40を目前にしてお先真っ暗になってしまいました。無計画な散財は、災いを呼ぶのですね。気づきませんでした。

090金融に手を出す

借金の支払いに悩み、とうとう街の張り紙に記載されていた「090金融」に電話をかけてしまいました。喫茶店を指定され、早速お金のやりとりを行いました。一般の方から見れば、普通の若者ですが、私から見れば「怪傑」でした。

私は風俗店に勤務しており、怖いお兄さんの接待も経験しておりますが、それでも寒気がするようなオーラをお持ちでした。少し話をし、希望通りのお金を受け取り、契約書にサインしました。こういう相手には逆らわない方が良いのです。

ヤミ金の利息はトイチでした。最初10万円だった借金は、いつの間にか30万円近くまで膨らんでいました。弁護士に相談しようかと思ったのですが、彼らからの報復が怖く、黙って支払い続けていました。

どうしてこうなったのか

そもそも、私が風俗業界ではたらくきっかけは、会社のお金の使い込みでした。業務上横領となり、告訴を取り下げる代わりに、懲戒免職を言い渡されました。再就職先に悩み、借金がかさみ、お酒や女性に溺れる日々が続きました。

バーで飲んでいると、見知らぬ紳士に声をかけられました。まるでドラマみたいだったのですが、本当の話です。彼は名刺を取り出し、「君の眼力が気に入った、この店のオーナーと話をするといい」と話され、店を去って行きました。

半信半疑のまま電話をかけると、朗らかな声で話される男性とつながりました。「話は聞いているよ。うちで働くといい。」と言って、店の住所を読み上げた後、電話を切ってしまいました。それが、今働いている風俗店との出会いでした。

救世主アコム

ある日のこと、風俗店のオーナーに悩みを打ち明けた所、「借金の肩代わりは出来ないが、消費者金融を使うといい」と話され、アコムのカードローンを使って、ヤミ金のお金を返済することにしました。

ご存知だとは思いますが、アコムは日本の大手消費者金融です。キャッシングのcmで、赤いロゴが強調されていることが印象的でした。この会社は、スピード借り入れが可能です。インターネットを使えば、すぐに借入の申し込みができるため、忙しい人も手軽に審査を受けられるとか。

私も、ネットの世界は比較的詳しく、某巨大掲示板の住人になったり、風俗ブログを書いたりしています。そのため、インターネットからの申し込みが手軽だと思い、早速申し込みました。

運転免許証などを用意し、データをメールで送信しました。審査結果をメールで受け取り、無事審査に通ったことを確認しました。利用者のプライバシーが守られていて、良かったです。

借金から足を洗う

結局、アコムのカードローンでヤミ金のお金を返した後、とたんに質素倹約を意識するようになりました。憑き物が落ちたように、まじめに働きました。給料の大部分を弁済と借金返済に費やし、2年が経過しました。

その頃には、サラリーマン時代からの借金がほぼ0になっていました。働きぶりがオーナーから認められ、店長代理に昇格しました。風俗業界は余り肌に合わないと思っていましたが、太く短く稼ぐには最適な業種だと、その時初めて実感しました。

「ご利用は計画的に」

何事も、計画性が大切です。今回は私自身反省し、更生のための努力をかかさず行ったから、何とかなったものです。しかし、世の中は私のようにチャンスに恵まれた方ばかりではありません。目の前の現実によく向き合い、真摯な気持ちで、課題を1つずつ克服する努力が大切でしょう。

何事も丁寧に考え、1つずつ理解を深めていけば、何も怖くはありません。借金でお困りの方は、法テラスなどが便利です。困ったときは、公共機関などに相談しましょう。

結婚相談所の利用のすすめ

最近、結婚をしたくてもできない人が男女ともに増えています。その理由は、金銭的な理由であったり、仕事の都合であったりと様々ですが、もっとも多いものが、出会いの少なさに起因するものです。自由恋愛が尊重されるようになった現代においては、結婚というものが当人たちの裁量によってのみ決断されるようになり、それは逆にお見合いのような外的要因によって出会いの場つくってもらえる機会を損失することになりました。結婚はもはや、黙っていても誰でもできるごく当たり前のことではなくなりつつあるのです。それは当人たちにとっても、引いては国にとっても大きな損失となります。

世間で騒がれている少子化問題などは、まさにこの問題が根本にあることは言うまでもありません。こうした状況の中、結婚をサポートするためのサービスが数多く登場しています。インターネットを利用した出会いをサポートするものから、実際に結婚に至るまでの過程そのものを手助けしてくれるものまで多種多様です。

その中でも今、結婚相談所の存在が注目されつつあります。結婚相談所の特徴は、単に出会いをサポートするだけではなく、結婚に至るまで親身に相談にのってくれる点にあります。結婚できないという人の中には、出会いの少なさだけが問題ではない場合もあります。初対面ではどうにも魅力を発揮できなかったり、あるいは致し方ない条件があるなど、いくら出会いの数を増やしても、なかなか成婚には結びつきにくいケースです。こうして結婚に至るまでの過程そのものについてアドバイスをもらうことのできる相談所こそが、もっとも近道となるのです。